楽天ウォレット取引開始

国内では久々に本格的な仮想通貨取引サービスがローンチするすることとなり、注目を浴びています。それが楽天グループの連結子会社となる楽天ウォレットです。

先行他社と比べるとずいぶんと遅いスタートですが、この楽天ウォレットはスマートフォンアプリを配信しそのアプリ上で仮想通貨の現物取引を行うことができるようになっています。

ウォレットという名前ですとまたホットウオレットを実装しているのではないかと心配になりますが。

しかし、実際の仕組はインターネットとは接続されていないコールドウォレットに仮想通貨を日保管する形になっており、不正利用を防ぐために二段階認証を採用して万全を期しているようです。

後発事業者としてはインターネットに接続されいつでもハッキングされるリスクがあるような仕組を導入するのはもってのほかであるのは当たり前ですが、そのあたりはこの会社もよくわかっているようで、他社と比べてもかなりセキュリティ上の問題はしっかりと解決させているようです。

このスマートフォンアプリでは24時間、365日仮想通貨の購入売却、あmて口座への法定通貨の入出金、仮想通貨の入出庫の手続きができるようになっており、かなり便利に利用できそうです。

もちろん仮想通貨のリアルタイムチャートなども確認できますからFX的な使い方をすることも可能になっているようです。

当面取り扱い通貨は国内でも取引量が多く人気の高いビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類に限られますが、認知と利用数が増えることになれば恐らくさらに広範なアルトコインの取引も期待できるところです。

仮想通貨の取引はとにかく仮想通貨取引所のセキュリティレベルやビジネスオペレーションのレベルが非常に問題になりやすく国内では金融庁からお墨付きを得ている業者でも非常に問題が多かったのが悪い意味で大きな特徴となってきています。

しかし後発の楽天ウォレットのような業者が厳密なビジネスモデルを構築してくれるようになれば安全で安心な取引が可能となることから国内での仮想通貨取引のボリュームアップにも大きく寄与してくれそうな状況になってきています。

今のところスマホアプリはアンドロイドだけのようですが、利用者の多いiPhone用のアプリも登場すればかなり利用が拡大することが期待できそうで、楽天ウォレットのここからの展開に注目していきたいところです。

 

コメントは受け付けていません。