取引所次第であらゆる仮想通貨が狙われることが判明

仮想通貨のハッキングにあったビットポイントジャパンはその被害額の詳細を明らかにしていますが、総額は30.2憶と当初の推計よりも若干少なかったものの、あらゆる預かり仮想通貨が種類を問わずごっそり持っていかれたことが判明しています。

あらためて仮想通貨取引所などに保有する仮想通貨を預けていることが、きわめて危険であることが明らかになった次第です。

流出額約30.2億円のうち、顧客預かり分は約20.6億円に上り、ビットポイントジャパンの保有分も約9.6億円が盗まれる事態となっています。

また、システムを提供している海外の仮想通貨交換所でも約2.5億円の仮想通貨流出が確認されているそうで、犯人はこの仕組みが同じ様に海外でも使われていることを熟知していたことが窺われます。

顧客の預かり資産に関してはビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)とかなり幅が広く、特定通貨だけが狙われたのではなくホットウォレットを突破されるとすべての通貨がターゲットとなって盗難にあることもあらためて明らかになっています。

結局のところホットウォレットが突破されてしまうと中に入っている仮想通貨は盗まれたサイフのように、すべて失われるということを利用者は相当しっかりと認識しなくてはならない状況になっているということです。

現物を通じて日常的に売買をされる方にとってはネットから接続して動かすことのできるホットウォレットが便利であることは間違いない状況ですが、ある意味で盗みを働く向きにとってもきわめて都合のいい存在であることを改めて肝に銘じる必要がありそうです。

今回もなんらかの形で取引所が弁償する方向で動いているようですが、金額が多額になれば取引所の手に負えなくなる事態に発展することも間違いなさそうで、決して安心してはいられない状況です。

現物の仮想通貨を資産として保有するのであればやはりコールドウォレットに保有して簡単に外からアクセスできない環境を維持することが非常に重要になりそうで、個人投資家としては仮想通貨のセキュリティに関してはさらに詳しくなり、しかも人任せにせずに万全の体制を構築することができるようなるのが必須の状況となっているようです。

既に国内取引所のハッキングはこれで都合4度目となりますが、決して業者のセキュリティレベルが上がっているとは思えず、危ないところとは取引しないぐらいの強い判断が求められています。

 

コメントは受け付けていません。