みずほが発行した仮想通貨は定着するか?

みずほファイナンシャルグループが提供する仮想通貨「Jコイン」が3月1日から稼働し始めて2か月になろうとしています。

サービスの開始から大きく騒がれることはありませんが、着実に定着するようならば今後に期待できる状況といえます。

この「Jコイン」はみずほ銀行を主体にして「ゆうちょ銀行」やその他数十の地銀が参加して管理される新仮想通貨ですが、価格の変動がなく投資目的で売買するものではないのが大きな特徴で専ら決済用に使う仕様になっています。

ただし電子マネーと違って一応「ブロックチェーン」で管理されているわけですから、投機性のなくなった仮想通貨であるということはできます。

また個人間での資金のやりとりができるという点でも電子マネーとは異なるものです。

 

送金と決済なら既存の仮想通貨より安心

仮想通貨の機能のうち投機性が失われているわけですから、より送金や決済に特化されているものであり、いわゆるハードフォークのようなことで第三者がイニシアチブを取り合いするといったことも起きないであろうことが先行する仮想通貨群とは大きく異なります。

またスマホアプリで決済が可能になりますから、現状の状況を見る限りかなり普及しやすいものといえそうです。

さらに個人間のやりとりであれば、送金手数料がかからないというのもこれまでの国内送金の発想を大きく変えるものになっているといえます。

国内の金融機関が発行するという点での安心レベルの高さもひとつのメリットといえそうです。

 

国内以外に普及するのかは大きな問題

この「Jコイン」ですが、ひとつ大きな問題が浮上するのは「国を超えるような利用が果たしてこのスキームで広がっていくのか」という問題です。

国内で個人間でもやりとりができてコストがかからないサービスというのは確かに理解できますが、リップルと比較したときに国際的に競争力のあるサービスとなりうるのかという点はわからないのが実情です。

ただし、仮想通貨の形態をとるもので商品売買の決済の週間がつくことは仮想通貨全体の普及にはかなりプラスに働くものとなりますので、決してマイナスな動きではないと思われます。

国内ではなぜか異常に投機という部分だけが仮想通貨の評価ポイントになってしまった感がありますが、やはり実需の決済が飛躍的に増加すればそれだけ通貨としての安定的価値も増すわけです。

こうした「Jコイン」の普及は今後の国内における仮想通貨の普及という視点では注目したいところです。

 

コメントは受け付けていません。