1年後に迫るビットコインの半減期~相場はどう動くのか

ビットコインには常に半減期というものが設定されています。ビットコインの総発行量は最初から決められており、2100万BTCが上限となっています。

現状ではビットコインは10分ほどで1ブロックが生成されていますので、このままで行けば2140年にはすべてのマイニングが終了し全数のビットコインが市場に出回ることが予想されています。

この半減期というのはビットコインマイニング報酬が半分になってしまう時期をいい、年々マイニング報酬は少なくなる設定となっているのです。

ビットコインが作られた当初のマイニング報酬は、50BTCでしたが4年後の2012年には25BTCとなり、2016年には12.5BTCとなりました。

現在のマイニング報酬はこの12.5BTCが継続中ですが、来年の5月後半にはさらにこの報酬が半減してしまうことになるのです。

 

問題は価格にどう影響するのか

直近の半減期であった2016年を見てみますと、半減期を迎えるタイミングにむけて事前段階からビットコインの価格は上昇していることがわかります。

これは独特の思惑によるもので、半減期のたびにマイニング報酬は上述のように下がるわけですから、埋蔵量が減っていくと結果的にその価値は上がることになるわけです。

マイナーは報酬が減る前に必死でマイニングを行うことになり、実際の半減期直後は価格が下がることが多いのですが、そもそもマイニング報酬が減っているわけですからマイナーにとっては価格が上昇しないと採算がとれなくなり、結果的には緩やかに価格が上昇するというなかなか微妙なロジックが展開していることなります。

ビットコインにとっては何がファンダメンタルズかよくわからないという話を聞きますが、この半減期のマイナー報酬の半減はもっともわかりやすいファンダメンタルズであり当然価格にも影響が及ぶタイミングになるというわけです。

2020年5月までいよいよ1年足らずとなってきているのですから、ここからビットコインの価格もこれをかなり意識したものになることが予想されますが、現状でかなり上昇してしまっている状況で2016年の半減期と同じような動きが示現するのかどうかにも注目があつまりそうです。

ビットコインには通常の法定通貨では起こらないようなことがたくさん発生するわけですが、こうした事象をしっかり読み解くことで他人にはわからない利益機会を得ることができるようになるのですから、研究する価値の多い投資であるといえるのではないでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。