仮想通貨につきもののハードフォークにメリットはあるか

仮想通貨の取引をしていますと必ず出くわすことになるのが「ハードフォーク」の問題です。

これは簡単に言えば、仮想通貨がもっていたルールを変更し古いルールに従うものと新たなルールに従うものに分裂させることを言います。

このルール変更で生まれた新たな仮想通貨として有名なのは「ビットコイン」における「ビットコインキャッシュ」です。

ありがたいことにこの場合ではビットコインの保有者には無償でビットコインキャッシュも付与されたことから、ハードフォークは濡れ手に泡の儲け口であるという噂が広がり市場の注目を浴びることとなりました。

 

ソフトフォークとは?

ハードフォークと対立する概念に「ソフトフォーク」というものもあります。こちらは特定の仮想通貨のルールを全面変更し新たなルールに従って取引を行うことを示しています。

ただし中央集権的統制がはかられない仮想通貨の領域ではソフトフォークを実施するのはかなり難しく、殆どのルール改訂はハードフォークにつながっていることがわかります。

 

必ずしもハードフォークにメリットがあるわけではない

このハードフォーク、一時はいいことしかないように市場では受け取られていましたが、ビットコインキャッシュのハードフォークが発生する際に異なる2つの組織が対立したことで、必ずしもユーザーメリットがあるものではないことも明確になってきているのです。

まずハードフォークが行われると通貨の取引が停止になるので売買ができなくなるという大きなデメリットが発生します。

本来通貨を名乗るならこうした状況を示現するのはかなりおかしいと思われるわけですが、実際の仮想通貨にはこれが起きることになります。また分裂後に通貨の価格が大きく下がることもありうるのです。

ビットコインキャッシュの分裂騒動ではこれが実際に起きて、もとの通貨も新しい通貨も価格はガタガタになるという厳しい状況が示現しました。

またブロックチェーンを利用すれば市場の合理的な合意形成からすんなりハードフォークが行われると思われていたわけです。

しかし、実際には異なる集団が猛烈に敵対し合いハッシュウォーと呼ばれる無益な戦いに時間とお金を費やすことになってしまい、サトシナカモトが最初に書いた目論見のホワイトペーパーの中身と実際がかなり異なってしまうことも明らかになりました。

このようにハードフォークが実際に行われますと紙の上で規格上想定していたことと全く異なることも発生することになり、メリットとともに重大なデメリットが発生することもわかってきているのです。

仮想通貨はまさに実際に様々なことが起きてみないとそれを評価するのは難しいことを目の当たりにさせられます。

 

コメントは受け付けていません。