中央銀行が仮想通貨を発行するとどうなるのか?

これまで主要各国の中央銀行はかなり仮想通貨に否定的な見解が強く、とくに投機的に価格が上下に乱高下する仮想通貨はほとんど決済通貨としては利用できないとまったく取り合わないような意見が多く聞かれました。

しかしここへきてフェイスブックのリブラの登場を意識したのか、こうした中央銀行の態度にも徐々に変化がみられてきていることもまた事実で、デジタル通貨の発行にそれなりに積極的な発想をするところが増えてきている状況に雰囲気が変わってきているようです。

各国の中銀が発行する仮想通貨ということになればまさしく自国の法定通貨と完全にペッグするデジタル通貨ということで、通貨発行量についても中銀が完全にコントロールすることができるのが大きなメリットとなりそうです。

また発行したデジタル通貨がどこにあるのかという所在をネット上で調べることもできるようになりますから、これまででは考えられないような管理ができることもまた大きなメリットになりそうです。

紙幣というのは偽造されやすいものですし、最近では大量にマネーロンダリングされることも多くなっていますから、完全にデジタルでトラッキングができればそうした犯罪や脱税を相当抑え込むことができることも期待できそうです。

こうした各国中銀のデジタル通貨ができても市場に残りそうなのがFXのビジネスで、各通貨の価格というものはデジタルになろうが紙幣のままであろうがやはりこれまでと同じように安くなったり高くなったりという変動がでることは間違いなく、FXビジネス自体は延々と続くことが予想されます。

ただし、ドルが基軸通貨だった時代はデジタル化で終わる可能性も高く、決済がこれまで以上にやりやすく、しかもリアルタイム性を重視して行われるようになるとドルの位置づけも大きく変わることが考えらます。

トランプ政権はとにかく足元でドル安を志向していますから、実は米国がもっとも先にデジタル化に名乗りを上げるといった驚くべき状況も起こりうることになるのかも知れません。

法定通貨がデジタル化した場合、ビットコインをはじめとするいわゆる暗号資産系の通貨がどのような扱いになっていくかも非常に興味のあるところです。

送金通貨や決済通貨としてのベネフィットが大幅に失われたときにこれまでのような価格が維持できるのか、あるいは逆に法定デジタル通貨から資金が逃げる先としてさらに機能することになるのかどうかにも注目が集まりそうです。

 

コメントは受け付けていません。